読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Favorite Things

趣味のなんでもコレクション  ラジオから流れてきた、どこかで聞き覚えのあるメロディ、なじみ深い作品や目新しい印象的な楽章など…

なにやら楽し気な舞台批評に拾う英単語

英文記事スクラップ

出典:12月17日付けロサンゼルス・タイムズ紙

off-kilter = out of kilter = out of whack 少し外れた

Soo’s Amélie is shy, beautiful, genial — and a little bland. The character’s individual contours aren’t fully drawn yet. The window Amélie keeps staring out of is meant to frame a woman who is in the process of forming herself, but we need to know a little more about this germinating entity.

genial あったかい、フレンドリーで陽気な bland 平凡な(普通に人当たり良くどちらかというとつまらない) contour 輪郭 germinating 発芽中の entity 存在

“Amélie” is the type of offbeat musical that is best appreciated if stumbled upon serendipitously. It’s the still delectable sweet lightness of this theatrical macaroon that we savor most.

 offbeat 風変りな stumble upon 偶然出くわす serendipity 探し物中に別の物を発見すること(18世紀半ばの英国人作家による造語) delectable (風味・のど越しなどの)非常に心地よい savor 味わう、吟味する

ブロトピ:英語学習について

ガーシュイン Gershwin

近代楽派 国民楽派

ジョージ・ガーシュイン George Gershwin(1898–1937)〔米〕

 

ピアノ協奏曲 ヘ長調(1925)

カール・バッハ Carl Bach

バロック音楽

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ Carl Philipp Emanuel Bach(1714–1788)〔独〕ヨハン・ゼバスティアン・バッハの次男。

 

フルート協奏曲 イ長調 Wq168 H438 第3楽章アレグロ

嘘の定義

随想や感想や意見など

「学生が創る人間科学大事典Project」で紹介されている、ドイツの心理学者シュテルンによる定義に同感です。

ドイツの心理学者シュテルンは嘘の定義を「嘘とは、だますことによってある目的を達成しようとする意識的な虚偽の発言(口述)である」としている。  またうそつきには、次のような特徴が認められているとしている。 ①虚偽の意識がある。したがって、…

(つづきは▶「学生が創る人間科学大事典Projec」)

デジタル大辞泉の説明の仕方だと、うっかりミスや勘違いによる間違いまで「嘘」であるかのように伝わり兼ねません(というか、実質、そう言っていると思います)。実際、そのように考えているらしい意見に出会うことがあって戸惑わされます。が、

デジタル大辞泉と同じ小学館が提供する類語辞書を見ると「「嘘」は、本当ではないことを知っていて、だますためにそれを告げること」とありました。