地に足つけて

波長の合いそうなブログを見つけたら、"そっと"購読させていただきますね(^_-)。グループを見るようにしています。2020-1-27

ある保護猫兄弟の物語

こちら(↓)の続き。かわいいから、言葉にしたい…。

韓国のある保護主さん宅では、そんなに甘い関係は築いていなくて、母猫ちゃんはお家にいつも出入り自由だし、子猫たちも保護主さんを信頼して、撫でてもらえば気持ちよさげにじっとしているけれど、子猫たち兄弟はいつも兄弟同士で遊んでいることが多いし、甘えるならお母さんがいいらしい。子猫たちから寄ってくるというより、まるで先生と生徒たちのような雰囲気で、よく捕まえようとすると逃げようとしている。

一時、室内に住まわせますが、アレルギー症状が出てしまったせいなのか外に猫の家を作ります。ベンチを作るつもりで購入したというダブルベッドの土台で。

ところが、気づくと母猫はいつものように屋内で寝そべっているし、子猫たちも玄関に置きっぱなしにされた水だかえさだかのボウルが入った段ボール箱の中にみんなでお団子になっているのでした(微笑ましい図…^^)。そして、数えると一匹足らない。

保護主さんはその一匹を探し回ります。母猫ちゃんに、もう一匹はどこだいと聞きながら。しばらくして、ようやく母猫がゆったりと外に出てきて、ベッドで作った新設のお家のそばに寝そべって静かに鳴きます。

母猫のこのジェスチャーを保護主さんは理解して、このベッドのお家の床下のすき間に子猫の脚が動いているのを発見します。子猫はこの床下で遊んでいたのでした。

保護主さんは、この屋外の猫の家に猫たちが入りやすいように、板を渡して入り口を作り、入り方を子猫たちに一匹ずつ教えます。どうにかこうにか保護主さんの意向を理解したのか、子猫たちはその板を渡ります。

その晩、気づくと、子猫たちがみんな見当たりません。床下を除くと、一匹の子猫のあどけない顔がありました。保護主さんがカメラを床下に差し込んでみると、スプリングの張り巡らされた、そのベッドのなかに子猫たちみんな発見されました。下から潜り込んで、物音も立てずに潜んでいたのでした。

子猫たちは床下からベッドの中に潜り込むこの遊びが気に入ってしまいました。そして、板を渡ってベッドの上のお家へ入り、そのなかに置かれた小さな小屋のなかにみんなで寄り添って眠りました。また、保護主さんのお家の中にも、行きたいときには自由に出入りできました。6匹の子猫たちは、屋外と屋内にいろんな面白い遊び場所を得て自由でした。母猫も自由に行き来していました。そして、食べるものは保護主さんが用意してくれるし、眠るときはこの保護主さんの元で兄弟みんなで寄り添って眠りました。

適当に自家製ブレンド

愛用スーパーのコーヒーブランドだと、コロンビアはちょっと苦めに感じて、グアテマラのほうが飲みやすい。容器に少なくなっていたコロンビアに、適当にグアテマラを混ぜてよくふって、ドリップしてみたら、これが悪くない。予想外においしい。

韓国語

韓国の保護子猫、トリちゃんは、"栗" ちゃんの意味なんだそうな。

韓国の人って、名前を呼ぶのに最後に「~や」って言うのね。すごく懐かしい日本語と同じだ。あと、3が同じ「サン」らしい。

とか、「ジャンプ」とか、あとなんだったか、発音が日本人以上に英語離れしている。最後の「プ」を伸ばしてしまうほどだったから…。

みかん

もう季節が違うのかとあきらめていたら、また、おいしいみかんにありつけた。やっぱり、おいしいみかんは、小粒で、皮がふがふがしてないもの。できるだけ皮の色が濃いのを選んだのもよかったかも。甘酸っぱさが濃厚。この味がおいしいわけじゃない人もいるのかなってくらい、美味しいみかんの見分け方、読んだところではぜんぜん違うことを言っていたけど。

はてなグループ日記が終了していた。

グループ一覧だけはまだ残っていて、それによると、どうやら私は、最終日にそうとは知らずに更新して、今日に至っていた。データが…!

別に大して貴重なデータはなかったと思うけど、いつか読み返したい気持ちはあった。

はてなブログのグループに、つい先日、似たようなことのできるグループを見つけて参加したのは、ほんの気まぐれで、どう使い分けていくつもりなのか、自分で考えあぐねていたところだった。