読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Favorite Things

趣味のなんでもコレクション  ラジオから流れてきた、どこかで聞き覚えのあるメロディ、なじみ深い作品や目新しい印象的な楽章など…

ブラームス Brahms

ロマン派の音楽 他ジャンルへのアレンジ

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)〔独〕

バッハ(Bach)、ベートーベン(Beethoven)とともに“ドイツの3大B”。

交響曲第3番 第3楽章(1883)

これをカルロス・サンタナがラテン系ロックにアレンジしたのが、“Love of My Life”(1999)。

検索していたら、ほんの10日程前に同じことを取り扱っている記事がありました。サンタナ以前にも同じ曲を編曲した例があったんですね。こちらで紹介されています:ブラームス 交響曲 第3番 第3楽章のカバー:HAT blog