My Favorite Things

趣味のなんでもコレクション  ラジオから流れてきた、どこかで聞き覚えのあるメロディ、なじみ深い作品や目新しい印象的な楽章など…

随想や感想や意見など

嘘の定義

「学生が創る人間科学大事典Project」で紹介されている、ドイツの心理学者シュテルンによる定義に同感です。 ドイツの心理学者シュテルンは嘘の定義を「嘘とは、だますことによってある目的を達成しようとする意識的な虚偽の発言(口述)である」としている…

uniformity: 画一性の罠

均一性、画一性/一貫性 Uniformityということば自体は良くも悪くもないものの、ほぼ没個性と同義としても、よく問題にされる言葉です。“みんな同じじゃ面白くない” 程度のことならまだ気楽でいいですが、妄信や洗脳などの暗いイメージもつきまとうようです…

「かわいそう」の何が問題?

いつの時代にも繰り返したまに聞こえてくるんですけど、直に自分が体験ないので、よく分からないまま、気になります。 どんな言葉も使い方次第で良くも悪くもなります。たぶん、問題は言葉ではなくて、気持ちの“ありか”なんじゃないかなと思います。ちなみに…

謝るということ

「謝るとは、相手の傷ついた感情をなだめるということです。「ごめんなさい」と謝られたことで、傷ついた心がいやされる。これが「謝った」ということだと教えるのが、心の教育です。つまり人間には心があり、人間は「もの」ではないと理解するからです。「…

油断できないネット上の情報

いったい、どこにどんな思惑が隠れているか知りませんけど、 その1 冒瀆(ぼうとく)の意味は、三省堂大辞林では、 神聖・尊厳なものや清純なものをけがすこと これがウィキペディアでは、現在、 崇高なものや神聖なもの、または大切なものを、貶める行為、…